とくちゃんのお得にス・マイル

コツさえ掴めば、誰でも『お得に生きられる』マイルをお得に貯める方法から生活のお得情報までお得な事が大好きなブログ

MENU

年間10万マイルを簡単に貯める方法!!『基礎知識』

f:id:toku_0511:20170507161059j:plain

マイルを貯めて旅行に行きたい!!

マイルを貯めている方、これからマイルを貯めようと思っている方がそう考えていると思います。

しかし、旅行が行けるぐらいのマイルを貯めようと思うと『道のりが長い』そう感じている方がほとんどだと思います。また『3年後に家族で沖縄』『3年後にハワイ』そういった目標を立てている方も多いと思います。

確かに『マイル』を普通に貯めていると貯まるまでに時間がかかります年間2万マイルや3万マイル貯まれば良い方でしょう。

しかし家族で沖縄に行こうと思うと3人の場合【45000マイル~60000マイル】が必要です。ハワイへ3人で行く場合は【120000マイル】が必要となります。

 

こう考えた時に『道のりが長い』とやっぱり感じますよね。しかもマイルには有効期限があり獲得から3年で失効するマイルが多いんです。そうなると沖縄は3年あれば貯まりますがハワイは少し厳しい方も出てくると思います。

そう考えると『普通にマイルを貯めている』とこういった先行きが見えない事や失効などの悩みが出てくると思います。

 

しかし、少し工夫をしマイルを貯めるとマイルは驚くほど、劇的に貯まるようになります。私も数か月前までは同じ悩みを持っていましたが、色々とマイルの貯め方を勉強し実践する事で10万マイルを超すマイルを半年で獲得する事ができました。

 

断言します。『年間10万マイル』は誰でも簡単に貯める事ができます。

今まで普通に貯めていた方は疑うかもしれません。私もそうだったので否めない事だと思います。でも本当に貯める事ができたのです。

 

 

これからマイルを貯め始める方は、今から紹介する方法をスタンダート化として下さい。

当記事では『年間10万マイルを貯める基礎知識』とし、まずは10万マイルを貯める仕組みを理解して頂くことを目的としご紹介させて頂きます。

 

※注意
このマイルの貯め方は『ANA』『JAL』マイルのみ有効ですのでご了承下さい。

 

 

『普通のマイルの貯め方』と『年間10万マイルを貯める方法』の違い

マイルの貯め方には2種類あり『飛行機に乗って貯めるフライトマイル』『陸で貯める陸マイル』の2つです。

 

飛行機に乗って貯める『フライトマイル』

仕事や旅行などで購入した航空券で搭乗した際に各航空会社のマイレージプログラムに登録していれば飛行距離に応じてマイル(フライトマイル)が貯まります。

※フライトマイルは仕事で度々飛行機に乗るサラリーマンの方には有効ですが、乗らない方には無縁のマイルです。フライトでマイルを貯めるには東京⇔大阪間を通常料金(割引なし)片道280マイル貯まりますので1万マイルを貯めようと思うと35回搭乗してやっと1万マイルが貯まります。割引料金(特割など)で搭乗した場合は75%~50%に獲得マイルが下がりますので更に搭乗回数を増やしてやっと1万マイルが貯まります。

 

 陸で貯める『陸マイル』

陸マイルの定番といえばクレジットカード決済です。多く方々が利用されている方法です。

クレジットカードで買い物などを行い貯めたポイントをマイルに交換する。この方法がスタンダードだと思います。

※クレジットカード決済によるマイル獲得術はクレジットカードさえ発行出来れば誰でも利用する事が出来るのでかなり有効な手段です。しかし、クレジットカード決済額の1%~1.7%程度しかマイルが貯まらないので年間200万円決済をしてやっと2万マイル~3万マイルが貯まる事となります。

 

新たなマイルの貯め方

飛行機に乗って貯める『フライトマイル』。クレジットカード決済による『陸マイル』。普通はこの方法を主にマイルを貯めている方が多いと思います。しかし、この2つの方法ですと本文の最初に述べたように年間2万~3万マイル程度が限界値となると思います。

 

下記の表は私が8カ月で貯めたマイル数です。 獲得マイル数は16万マイルを超えています。

 

獲得日 ANA(全日空)
獲得マイル数
2016年9月 1500マイル
2016年10月 0マイル
2016年11月 18500マイル
2016年12月 19391マイル
2017年1月 19066マイル
2018年2月 66725マイル
2018年3月 25013マイル
2018年4月 11891マイル
合計 162086マイル

 

 なぜ、8カ月でこんなにマイルが貯まったかというと『普通の貯め方』に加え『ポイントサイト』を使ったマイル獲得術などをプラスした事で劇的にマイルを増やす事に成功しました。

『ポイントサイト』を利用したこの方法が『普通の貯め方』との大きな違いです。

 

【重要】月間18000マイルを貯められるポイントサイトのマイル術とは

 

 これから説明するマイルの貯め方は『年間10万マイルを貯める』うえで【最重要】事項となります。

『ポイントサイトを利用したマイル術』この方法さえ習得できれば簡単に10万マイルは貯まります。以下の方法を行う事で簡単にマイルは貯まります。

 

【手順1】ポイントサイトでポイントを貯める
【手順2】貯めたポイントを移行しマイルに交換する

※この2つ手順が【最重要】事項となります。

 

【手順1】ポイントサイトでポイントを貯める仕組み

まずポイントサイトについて簡単に説明します。

ポイントサイトあまり聞きなれない方が多いと思います。

ポイントサイトは別名『お小遣いサイト』と呼ばれておりマイルではなく、お金で稼ぐ事も可能なサイトです。『働かずしてお金を稼ぐ』そういった理由で日本の文化には、あまり馴染めなく少し悪い印象を受ける方もいるかもしれません。

 

ポイントサイトの仕組みは簡単です。

 

1.ポイントサイトはスポンサー企業より広告を募り広告を集めます

2.集めた広告をポイントサイトに記載します

3.ポイントサイト内の広告を私たちユーザーが利用します

4.企業は広告を利用してくれた謝礼をポイントサイトへ支払います

5.ポイントサイトは広告を利用してくれたお礼に私たちユーザーに報酬の一部をポイントで支払います

 

 

広告利用 例(クレジットカード申込)

f:id:toku_0511:20170505015845j:plain

こちらの広告を利用し年会費無料のクレジットカードを申込むと100000ポイント(1万円相当)のポイントを得る事ができます。

この広告例では『セディナカード』が広告主です。
私たちユーザーが広告利用者になり、ポイントサイトが広告の提供者となります。

そしてユーザー(広告利用者)が利用した実績をコンピュータ上で読み取り広告利用が確認できた時点で広告主からポイントサイトへポイントサイトからユーザーへ報酬が渡ります。

 

このような流れで私たちにポイントが入ってきます。

そして獲得したポイントを私たちは『マイル』へ交換します。1万円相当のポイントは、最大で9000マイル(ANAマイル)に交換する事が可能となります。マイル以外にも現金(1万円)や1万円分のギフトポイントなどにも交換が可能です。

 

※上記の広告このように、ポイントサイトで貯めるポイントは無料で得られる事が大きな特徴です。この1万ポイントもカードを発行し、1000円を利用しただけで1万円相当のポイントを得ているという事になります。

 

次は、ポイントサイトで貯めたポイントを移行する【手順2】について説明いたします。

 

【手順2】ポイントサイトのポイントを移行させる基礎知識

【手順1】のポイントサイトで貯めたポイントは、そのまま『ANAやJAL』のマイルに交換する事も可能ですが、交換率がとても悪いので得たポイントを中継サイトへ『ポイント移行』を行います。

すると下記のような図式でポイントがマイルへと生まれ変わります。

 

ANAマイルのポイント移行図

f:id:toku_0511:20170507124958j:plain

 1.ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネーという中継サイトへポイント移行を行う
2.ドットマネーから東京メトロポイントへ移行する

3.東京メトロポイントからANAマイルへ移行する

 

上記の3つの工程を終えるとポイントサイトで貯めたポイント(例)20000ポイント(2万円相当)が18000マイル(ANAマイル)へ90%という普通では考えられない交換率(レート)でマイルへと生まれ変わります。

 

この交換方法を『ソラチカルート』と呼びポイントサイトでマイル貯める最強ルートとして陸マイラーに広く認識されています。

なお、ソラチカルート利用する場合はドットマネー・東京メトロポイントはポイント中継サイトにあたります。

 

ドットマネーに関しては、ポイントも稼げるサイトなのでマイルに交換できるポイントも稼ぐ事ができます。ここで稼いだポイントを東京メトロポイントに移行させるとANAマイルに交換できるので一つの移行手順を省くことが出来ることになります。

 

【重要】

このソラチカルートには必要な物が一つあります。それは、図式にも記載されている『ソラチカ』カードです。

f:id:toku_0511:20170507134917g:plain

このカードがなければ、最強ルート(交換率90%)の『ソラチカルート』を利用する事ができなくなります。

ですので、このソラチカルートでぜひマイルを貯めたい!と思われた方は、まず『ソラチカカード』の発行から行うようにして下さい。

 

★Tポイントルート★

f:id:toku_0511:20170507141240j:plain

 Tポイントルートは『ソラチカカード』が必要ありませんが交換レートが50%とソラチカルート(90%)と比べかなり劣ってしまいます。マイルを沢山貯めようと思うとソラチカルートの2倍近くポイントを稼ぐ事が必要となります。

Tポイントルートは面倒なポイント移行が少なく早くマイルに交換できる、そしてクレジットカードが一切必要ないというメリットがあります。

 

JALマイルのポイント移行図

f:id:toku_0511:20170507125215j:plain

 

JALマイルに交換する最高レートはドットマネーからJALマイルに交換する方法です。JALマイルには、ANAマイルのような高い交換率を生みだす『ソラチカカード』の役割を果たすカードは存在しません。

 

貯めにくいと言われているJALマイルですが、毎月1万ポイントをポイントサイトで稼ぎ、ポイント移行を行うだけで毎月5200マイルものJALマイルを貯められるという事はJALマイラーにとって素晴らしい事だと思います。

5200マイルはクレジットカード決済で貯めた場合、50万円分の利用で得られるマイル数です。それがたった1万円分のポイントで5000マイルを得られると考えるとかなり凄い事だと思います。

ソラチカルートのレートが異常なだけで、この貯め方でも十分な成果となります。

 

 【まとめ】年間10万マイルを簡単に貯める『基礎知識』

・『フライト』『クレジット決済』そして新たに『ポイントサイト』を利用する事で劇的にマイルは貯まるようになる

・『ポイントサイト』でマイルを貯めるにはポイントサイトの広告を利用し、ポイントを貯める。

・ポイントサイトで貯めたポイントはポイント中継サイトを経由しANA・JALマイルへ交換します

・最高交換率は『ソラチカカード』を用いた『ソラチカルート』90%である

・ソラチカルートでのポイント交換には必ず『ソラチカカード』が必要である

・その他交換ルートは交換レートが50%程度となります

年間10万マイル理想の貯め方と目標

・クレジットカード決済などで年間2万マイルを目標としマイルを貯める

・ポイントサイトでは毎月1万ポイントを貯めてマイルへ交換する

 

項目 年間獲得マイル数
(ANA・ソラチカルート)
年間獲得マイル数
(ANA・JALソラチカなし)
クレジット決済 20000マイル 20000マイル
ポイントサイト
(毎月1万ポイント)
108000マイル 60000マイル
年間獲得マイル数 128000マイル 80000マイル

 

上記のような目標であれば、無理なく貯められるマイル数だと思います。ポイントサイトは年間10万マイルを貯めるには必要不可欠な方法です。

コツさえ掴めば簡単に貯められるようになり少し物足りなくなるかもしれませんが、当初の目標としてまずは『10万マイル』を目標に貯めて頂けたらと思います。

 

 【10万マイルとは】

f:id:toku_0511:20161111020854p:plain

 【国内航空券の場合】

東京⇔沖縄の往復航空券は5名分・東京⇔札幌は8名分の往復航空券を発行する事が可能となります。

【国際線航空券の場合】

日本⇔ハワイの場合は1名4万マイルが必要ですので2名分の航空券を発行する事が出来き北米路線でも10万マイルあれば2名分を賄う事が可能です。

10万マイルがあればこれだけ飛行機に乗れるのです。

 

以上、当記事は「年間10万マイルを貯める基礎知識」としポイントサイトを使った10万マイルを貯める仕組みを理解して頂くことを目的として書かせて頂きました。

次に「ポイントサイトでマイルを貯めやすいサイト・広告」の紹介をまとめて記事にさせて頂きましたので是非、ポイントサイトでマイルを貯める実践に役立てて頂けたらと思います。

 

www.tokuchan-otoku.net