とくちゃんのお得にス・マイル

コツさえ掴めば、誰でも『お得に生きられる』マイルをお得に貯める方法から生活のお得情報までお得な事が大好きなブログ

MENU

SPGアメックス最大のデメリット? ポイント宿泊予約を行った際の追加料金について

現在、陸マイラー界で大人気のカードといえば、「ソラチカカード」と「SPGアメックス」この2枚のカードを保有している方は、かなり多いと思います。

ソラチカカードでマイルを貯めて航空券を購入し、SPGアメックスのポイントプログラム・スターポイントで宿泊費を支払う。そうすると旅の費用をかなり削減することができるので、旅行好きの方にとっては最高の組み合わせとなります。またSPGアメックスには様々な特典があり、保有しているだけで多くの恩恵を受けることができ快適な旅を送る事ができます。

 

www.tokuchan-otoku.net

私もこの流行にのり、昨年8月にソラチカカード・今年の2月にSPGアメックスを発行しコツコツとマイルとスターポイントを貯めて家族旅行で本領発揮をさせてようと目論んでいました。そして、スターポイントを利用した予約を今回初めて行い色々な発見をしましたので、その一部を紹介したいと思います。

 

SPGアメックスの主な特徴

SPGアメックスの大きな特徴を簡単に紹介します。

● 【SPG】スターウッドプリファードゲストカード

 

ポイントプログラム=スターポイント
=100円の買い物で1スターポイントが貯まる
=スターポイントは、マイル(ANA・JAL含む30社以上)へ交換が可能
(1スターポイント=大体の航空会社1マイルへ交換)
(2万スターポイントを一括で交換した場合、更に5000ボーナスポイントが付与され25000マイルとなる。)
スターポイントは宿泊予約にも使える
(スターウッドホテルグループ・マリオットホテルグループ「リッツカールトン含む」)ホテルで宿泊する場合、ポイントでの支払いが可能
=その他

カード保有特典

スターウッドホテルグループ】ゴールド会員資格が与えられる
ゴールド会員資格の主な特典(スターウッドホテル)
=2年目以降、1泊無料宿泊特典
=チェックアウト時間の延長(最大16時まで)
=客室のアップグレード(空室に状況によりできない場合もある)
=
宿泊時のボーナスポイントなどポイント還元が多くなる
=ウェルカムギフトなど・・・


マリオットホテルグループ】ゴールド会員資格が与えられる
ゴールド会員資格の主な特典(マリオットホテル)
=チェックアウト時間の延長(最大16時まで)
=客室のアップグレード(空室に状況によりできない場合もある)
=ホテルラウンジの無料利用(本会員+1名 計2名)
=無料朝食の提供(本会員+1名分 計2名)
=・スターウッドホテルグループの(本会員ともう1名分 計2名) 
※リッツカールトンホテルのラウンジ利用はできない
=宿泊時のボーナスポイントなどポイント還元が多くなる

その他
・空港ラウンジ
=国内28空港・海外2空港のカードラウンジが利用できる
(本会員ともう1名分 計2名)
・海外旅行損害保険
・エアポート送迎サービス
・航空便延滞費用補償
・ショッピングプロテクト
・その他

などがあります。

詳しくは下のリンクをご覧ください。

www.tokuchan-otoku.net

スターウッド・マリオット、両ホテルの上級会員資格が与えられる特典や無料宿泊、そして高レートでマイルやホテルへの宿泊ポイントに交換できるスターポイントの使い勝手の良さが、このSPGアメックスの魅力です。

実際に私も上級会員資格でホテルに宿泊しましたが、激安プランで予約をしても待遇がとても良く、朝食やラウンジを思う存分利用でき本当に素晴らしい旅になりました。

www.tokuchan-otoku.net

SPGアメックスの最大のデメリットは2名縛り

SPGアメックスにはもちろんデメリットがあります。

33480円の年会費が高いという点はデメリットにあたると思います。しかし、これだけの特典があるので個人的には全然価値があるものだと考えていますが特典などに魅力を感じない方にとっては、とても高い年会費だと思います。

そして私が感じるSPGアメックスの一番のデメリットは2名縛りが多い点です。2名縛りというのは、特典を受けられる人数が2名に縛られていることで、例えばマリオットゴールド会員特典のラウンジは本会員プラス1名の計2名しか利用できません。家族4名で宿泊した場合、他の2名はラウンジは利用できない事になります。

このような3人目以降に2名縛りの影響がでやすい事が、このSPGアメックス特典には多く見られデメリットとなります。

●主な2名縛り

=2年目以降、1泊無料宿泊特典(スターウッド特典)
==ホテルラウンジの無料利用(マリオット特典)
=無料朝食の提供(マリオット特典)
ポイントを使った宿泊(両ホテル)
=空港ラウンジ

 

SPGアメックスの特典(メリット)のほとんどが、2名縛りなのが分かります。どの特典も追加料金さえ支払えばので済むのですが家族連れや両親・友人など、3名以上で宿泊する際は本会員+1名以外は特典を受けることができないので少し残念な気もします。

しかし全員に特典を与えてしまえばホテル側の負担が大きくなったり、ラウンジの利用者が増えすぎてサービス低下につながるなど様々なリスクがあるので致し方ない事だと思います。

小さいお子様に関しては、ほとんどのホテルで人数にカウントされませんので、未就学のお子様に限っては、追加料金なしで上級会員の特典を利用する事ができると思います。

実際に我が家も2歳の子供がいますが3人で行った沖縄旅行(オキナワマリオット)では、全く問題なく朝食やラウンジを利用する事ができました。

ですので、未就学のお子様をお連れの方に関しては2名縛りでもまったく問題無くSPGアメックスの特典を受ける事ができると考えても良いでしょう。

小学生以上の設定については、予約するホテルによって異なり、ベッドの追加がなければ「無料」などの設定がありますので気になる方は前もって確認する事をお勧めします。

 

 ポイントを使った宿泊の2名縛りについて

SPGホテル・マリオットホテルではSPGアメックスで貯めたポイント(スターポイント)を使って宿泊をする事ができます。

SPG(スターウッド系)でポイント宿泊を行う場合はスターポイントを直接予約で利用する事ができ、マリオット系ホテルでスターポイントを利用する場合は、スターポイントをマリオットポイントに交換し宿泊予約を行う事ができます。しかし、このポイントを利用した宿泊でも2名縛りの問題があります。

SPGホテル(国内)ポイント予約の注意

ネット検索を行った場合、国内のSPGホテルでは4名一室でポイント予約ができるのは、北海道の「ウエスティンルスツリゾート」のみとなっています。

f:id:toku_0511:20171025221543p:plain

f:id:toku_0511:20171025221401p:plain

f:id:toku_0511:20171025222556j:plain

スマホでのポイント予約検索では大人4名では検索すらさせてくれませんでした。大人2名小人2名(小学生以下)での検索は可能ですが、やはり国内でヒットするホテルは上記のホテルのみとなります。

SPG(スターウッド)のポイント宿泊の場合、3名以上での宿泊を希望する場合は電話受付が基本となります。そして残念な事に殆どのホテルでは2名以外の宿泊には追加料金が必要となります。

この追加料金の設定は各ホテルによって異なります。

f:id:toku_0511:20171027150007j:plain

東京ディズニーのオフィシャルホテルでもある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」で大人2名・小学生2名でポイント宿泊する際は、通常では2名客室で必要ポイント数が20000ポイントですが4名で宿泊する場合、4名客室に変更する必要があるためポイント数が22500ポイントとなります。

追加で2500ポイント、こちらのホテルでは小学生以上は大人料金となるので、追加料金一人あたり4000円が必要となり合計で8000円を別途支払わないといけません。

ポイント宿泊は基本2名で利用する事を前提としていますので、4名用の客室にアップグレードで2500スターポイント+追加料金となります。

未就学の場合は添い寝設定が適用されるので大人2、幼児2名の場合は追加料金、追加ポイントは必要なく宿泊することができます。

 

このように2名縛りの問題は子供が小さい間は問題ありませんが、大きなお子様がいる家庭や両親を連れての旅行、友人・知人3名以上で利用する方には、ポイント宿泊はあまりお得な宿泊方法ではないと感じます。追加料金の設定は国内外ともにホテルによって異なりますので注意しましょう。

3名以上ですと電話予約が主になってしまうので少し面倒な気もします。もちろんこの影響は、2年目以降の更新時に与えられる年1回の無料宿泊特典にも影響しますので年会費はここで回収できるとお考えの方は2名縛りの注意が必要です。

 

マリオットホテル(国内)ポイント予約の注意

マリオットホテルもSPGホテル同様、ポイントを利用した3名以上の宿泊の場合、添い寝は無料ですが大人の追加料金が必要となります。小人の設定はホテルによって異なりますのでやはり電話での確認が必要となります。

下の画像はルネサンスリゾート・オキナワで4名一室でポイント予約をした場合のレートです。

f:id:toku_0511:20171025232336j:plain

f:id:toku_0511:20171025232414j:plain

なんと40000ポイント+77760円が必要となります。ww
普通に予約した方が追加代金より安いので誰もこんな使い方はしません。これを見ても国内で3名以上のポイント予約はとても難しい事が分かると思います。

しかし、これは日本国内のはなしであって海外では全く違う結果になります。

 

海外でのポイント予約は2名縛りを気にしなくても良い事が多い

国内では散々だった3名以上でのポイント予約は海外のホテルではかなり緩和され、私が年末年始に予約したホテルは一部を除いて追加料金なしで予約する事が可能でした。

 

www.marriott.co.jp

f:id:toku_0511:20171025234704j:plain

 

www.marriott.co.jp

 

f:id:toku_0511:20171025235054j:plain

ロサンゼルスにある2つのJWマリオットでは、4名でポイント宿泊しても追加料金は必要がないと回答がありました。

 

f:id:toku_0511:20171026001436j:plain

コートヤード・アナハイム・ダウンタウン ホテル

このホテルはファミリーにはとてもおすすめのホテルです。

アナハイムディズニーまで徒歩5分の所にありウォーターパークなどのキッズ向けのプログラムが充実しています。2015年にオープンされた新しいホテルなので実はこのホテルが一番楽しみです。

 

f:id:toku_0511:20171026124534j:plain

f:id:toku_0511:20171026124610j:plain

 

f:id:toku_0511:20171026125402j:plain

こちらのホテルでは1泊40000マリオットポイントで宿泊予約が可能で、4名一室でも追加料金は不要です。2つのクイーンベッド+2段ベッドが各部屋に設置されていて最大6名まで一室で宿泊できます。 

 

日本のホテルは1人あたりの料金×人数で計算されますが、アメリカなどの海外ホテルでは普段から1室料金で計算される事が多いので部屋の最大人数までは追加料金なしで予約をできる可能性が高いと思います。しかし、これもホテルによって異なる可能性がありますので必ず電話で追加料金について問い合わせを行って下さい。

実際にリッツ・カールトンロサンゼルスでの予約は、4名一室でポイント予約をする事ができましたが後から電話で確認すると3人目以降は1人につき、100ドルの追加料金が請求されるとの言われましたので一旦キャンセルをしました。

日本のような料金設定のホテルでは追加料金が必要となり、米国のマリオットのように追加料金が必要のないホテルなどが混在していますので、ポイント予約の際はよく注意をして旅程を立てる事をお勧めします。

 

f:id:toku_0511:20171026224155j:plain

上記の画像のように合計1.50ドルと表記がありますが、これを真に受けて現地へ行くと追加料金を支払わないといけなくなります。追加料金1日49ドルと記載がありますが、実際は3人目以降1名ごとに100ドルが必要と言われましたので、この表記も間違っている可能性があります。旅先でもめる原因になりかねますので、追加料金の問い合わせは必ず行いましょう。

SPGホテルのポイント宿泊は電話予約がおすすめ

海外のSPGホテル、ポイント予約についても物色しましたが、マリオットホテルに比べると追加料金が必要だったり3名以上のポイント予約の設定が無いホテルが多く感じました。もちろん追加料金が必要のないホテルも多く存在しますので、ネットで検索を行い泊まりたいホテルが見つかれば電話で確認を行って下さい。

SPGホテルのポイント予約は、追加ポイントで基本客室以外の部屋も提案してくれますので多人数で宿泊する際や少しランクの高いお部屋を予約したい場合は、電話で相談するのが手っ取り早く確実ですのでSPGの場合は、電話予約をおすすめします。

SPGアメックスのポイン宿泊・2名縛りのデメリット【まとめ】

 今回、ポイント宿泊について色々調べましたが国内でのポイント宿泊は3名以上だと条件が厳しい印象を受けました。逆に海外では3名以上でもお得にポイント宿泊ができるので多人数でポイント宿泊を行う際は海外での利用がおすすめです。

 

【ポイント宿泊3名以上で利用する際の注意事項】 

 ● ポイント宿泊は2名1室ベースとなり人数を追加する場合は追加料金やポイントが必要となる
● 未就学のお子様は人数に加算されない事が多い(要電話確認)
● 添い寝(追加料金不要)の設定はホテルによって異なるので確認が必要
● 海外ホテルは3名以上でも追加料金が不要なホテルが多い(要電話確認)
● 3名以上の予約の場合は追加料金の確認は必ず行った方が良い
● 海外のホテルでも宿泊先によって追加料金の設定が違うので注意が必要

【SPGアメックス特典を3名以上で利用する際の注意事項】

★ 2年目以降、1泊無料宿泊特典は2名での利用が基本
★ マリオット・ホテルラウンジの無料利用は本会員+1名
★ マリオット・無料朝食の提供は本会員+1名
★ 空港ラウンジの利用は本会員+1名

 

SPGアメックス特典は2名縛りの特典ばかりですが、お子様が小さい間は一緒に特典を利用できるのであまり気にしなくても大丈夫です。3名以上でよく旅行に行く事が多い方は全員が特典を受けることができませんので注意が必要です。

SPGアメックスカードは年会費が高いカードですので、このようなデメリットもしっかりと考慮し発行するようにして下さい。

 

紹介制度の利用で最大30000スターポイントが貰えるキャンペーン開催中

当記事ではSPGアメックスのデメリットを紹介させて頂きましたが、SPGカードは本当に魅力たっぷりの素晴らしいカードです。そんなSPGアメックスの発行を迷っている方には、SPGアメックス紹介キャンペーンをおすすめします。

 

友達紹介キャンペーン

f:id:toku_0511:20171028152152p:plain

今ならカード発行した全員に10000スターポイントをもれなくプレゼント。この紹介キャンペーン(ご紹介プログラム)からの申し込みで更にカード発行後、3ヶ月以内に10万円を利用すると+7000スターポイントを獲得する事ができます。そして、期間中に入会された方の中から抽選で30名の方に+13000スターポイントが付与されます。運が良ければ、(10000+7000+13000)最大30000スターポイントを獲得できる可能性があるキャンペーンです。

最低でも17000スターポイントは条件的にも簡単に獲得する事ができますので、このお得な制度を利用して17000スターポイントを獲得しましょう。

 

17000スターポイントの使い方

17000スターポイントはマイルまたは宿泊ポイントへの交換がおすすめです。

マイルに交換する場合】:20000ポイントまで貯めてから交換した方がお得です。20000スターポイントを一括交換すると20000マイル+ボーナスポイント5000マイルが追加されます。17000ポイントで交換してしまうと17000マイルにしかなりませんので、マイルへの交換は20000スターポイントを一括交換する事を覚えていて下さい。

 

宿泊ポイントへ交換する場合】:宿泊ポイントへの交換は、17000スターポイントですとマリオットポイントへの交換がお得です。スターポイントからマリオットリワードへは1:3で交換する事ができます。という事は17000スターポイント=51000マリオットポイントへ交換ができますので世界中のマリオットホテルの最高カテゴリー9(必要ポイント45000)の宿泊ポイントへ交換する事ができます。

 

マイルへの交換、宿泊ポイントへの交換いづれにしても17000スターポイントを得られることで年会費をある程度回収でき、ホテルのゴールド会員資格など豪華特典も利用できますので少し迷っている方は紹介制度をうまく利用してお試しで1年間利用してみるのも良いでしょう。

【とくちゃんのお得にス・マイル】お問い合わせフォーム

当ブログではSPGアメックスカードのご紹介プログラムを実施させて頂いております。上記の問い合わせフォームからお問い合わせ頂けますと、紹介キャーンペーンの申し込み先を連絡させて頂きますのでご希望の方はご連絡下さいませ。

メールアドレスとニックネーム(本名でなくても大丈夫です)のみで結構ですので「紹介希望」と記載頂けたらと思います。

通常申込では10000ポイントのみ付与されますが紹介プログラムからですと17000ポイントとキャンペーンの抽選にも参加できますのでご利用頂けたらと思います。ご質問などもお受けしますのでお気軽にお問合せ下さい。