東京オリンピック

東京オリンピック【先着順販売】チケットを早く申込むコツなどを詳しく解説

東京オリンピックチケット、一次販売の抽選申込は本日5月29日11:59で受付終了となりました。

抽選の結果発表は6月20日に行われ、見事当選された方はチケット代金の支払いを済ませると東京オリンピックチケットを手に入れる事ができます。

残念なが落選してしまった方、当選したけれども希望のチケットを手に入れられなかった方は次回の販売が重要となります 。

当記事では「東京オリンピックチケット」今後の販売方法について詳しく解説していきます。

東京オリンピックチケットの次回販売は2019年秋『先着順』

東京オリンピックチケット、次回の販売は2019年秋ごろに『先着順』で販売されます。

次回は抽選販売ではなく❌⇨先着順での販売⭕️

先着順は早く繋がった人が勝者となり、好きなチケットを優先的に購入する事ができますので次回の販売はいかに早く繋げるかが重要となります。

抽選販売は「運」大切でしたが、先着順販売は「実力」で勝ち取る事ができる販売方法でもあるのです。

先着順チケットの販売枚数について

秋頃に行われる先着順チケット販売は、抽選申込の残券、未発券のチケットを中心とした販売枚数となるでしょう。

  • 抽選販売は⇨全競技一斉に販売
  • 2019秋頃先着順⇨残券・未発券を中心とした販売
  • 2020年春以降⇨残席など全て解放したチケット販売

秋頃に行われる先着順販売は、正式な座席数や関係者席などの割振りが行われていない事が予想されますので、2020年以降の販売でもチケットを入手する事が出来きます。

東京オリンピック『先着順チケット』の申込手順

東京オリンピックチケットの先着順販売は、発売開始と同時にアクセスが集中する為、抽選申込み同様に「待ち時間」方式が採用される事が予想されます。

待ち時間方式はウエイティングルーム(待合室)で待機し、順番が来るとチケット購入ページへ入場でき、チケットを選択して購入する事ができます。

先着順の申込手順
  1. 公式チケットサイトへアクセス
  2. 待ち時間(ウエイティングルーム)
  3. 購入ページ入場
  4. 在庫チケット選択
  5. 購入

上記のような流れとなります。

この販売方法は、2019年9月に開幕するラグビーW杯の先着順販売で採用されたシステムで、世界同時チケット発売の際には下記の待機人数で5時間以上ウエイティングルーム状態が続いていました。

もちろん5時間後にチケット購入ページに入っても希望のチケットは売り切れていますので、いかに待ち時間を短縮するかがポイントとなりそうです。

東京オリンピックの先着順販売もおそらく同じシステムでの販売となりますので覚えておきましょう。

【最重要】先着順販売で早く申込むコツ(対策)

先着順販売は「いかに早くチケット購入ページに入れるか」が重要となります。

早く購入ページに入る事ができると、入場者が制限されているのでチケットをゆっくり選べるので争奪戦を優位にすすめる事ができます。

実際に早く購入ページに入る為のコツ(対策)を考えてみました。

  1. 発売開始時間に必ずアクセスする
  2. 多くの機材を用意して一斉にアクセスし待ち時間の少ないもので申込を行う
  3. ラグビーワールドカップの先着順販売で練習をする
  4. 裏技情報などがないか新しい情報を検索しておく

などがあります。

ラグビーW杯カップの先着順販売では、発売開始と同時にアクセスしたにも関わらず長い待ち時間の人もいれば、短い待ち時間の人もいたようで、申込む数秒のタイミングで待ち時間が変わる事が予想されますので

なるべく多くの通信機器を用意し一斉にアクセスをして、待ち時間の少ない機器から申込むなどの工夫も必要となってきます。

また8月に行われるラグビーW杯の第四次一般販売(先着)では、同じシステムで早く接続する予行練習ができますので、購入の有無に関わらず一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その他にも、チケットサイトにはいくつかのURLが存在しており、待ち時間が短縮できる裏技リンクなどがある可能性もあります。実際に抽選販売の際もワープができるといったツイートも上がっていたので裏技情報なども探してみても面白いのかもしれません。

東京オリンピックチケットに関する情報は下記のリンク先で詳しく解説していますので、どうぞご覧ください。

【最新情報】東京オリンピック チケットの購入・申込み方法を詳しく解説東京オリンピックのチケット発売はの2019年春ごろから開始されることが公式発表されています。気になるチケットの販売方法や発売時期などを当記事で最新情報を分かりやすく解説していきます。...